まかれたところで咲きましょか
半径5メートルの雑談記
インタビュー

押忍。東大相撲部で頼もう

大ちゃん
大ちゃん
行ってきましたー。楽しかったです。

なんか向こうも喜んでくれていたので、定期的にこれから通おうかと思っています。

かん
かん
おー。よかった。さすが大ちゃん。
東京大学駒場キャンパス入口前にある門柱の写真

思い立ったが吉日。きっかけは、問い合わせのメールを入れたことになるのかな。

かつては楽しくてやっていたのが、取り巻く古い体質が嫌になり遠ざかっていたという「相撲」。

  • 今年はそれを「教える」ことで復活させてみたい。
  • そこにある楽しさを伝えたい。
  • 自分の経験を活かせる、最適な場所はどこだろう。

動きながら考えられる大ちゃんが、今回、白羽の矢を立てたのが東京大学

一旦、まとめてばーっと聞き、すこし書き留めてみよう。

土俵は丸いか四角いか

駅で見かけた初夏の八幡平への旅行を薦めるポスターの写真

大ちゃんは、2歳から相撲を取っていたという。

岩手県の豪雪地帯、八幡平(はちまんたい)で生れ育った。

始めたのには、相撲好きのじいちゃんの影響もあるそうだけど、最初から芽を出せといわんばかりに周りの土壌が揃っていたのだ。

なんせこの町を初めて訪れる人は、日常の中に相撲が溶け込んでいる景色に驚くらしい。

とりわけ旧西根町というところは、「相撲の町」といわれるほど相撲愛の熱い場で、公園、神社、町営の相撲場、高校から果ては保育園に至るまで、そこら中に土俵があるそうだ。

中には、自分のうちに土俵を作っている人もいるらしい。

盛岡藩と南部相撲。その昔から、相撲が独自の発展を遂げていった歴史があるんだね。

昔は土俵が正方形、四角かったとか。

 

詳しくなったね
詳しくなったね
土俵についての雑学。

もっと色々知りたい方にはこの話を。

相撲の聖地。両国国技館の土俵のイラスト
土俵にまつわるエトセトラ相撲トリビア。土俵に関する雑学的な事柄や知識のまとめ 土俵の円形部分の名称やサイズ 初土...

「イケー、今日は羽毛布団だ」相撲が生活の一部だった頃

わんぱく相撲の懸賞にもなるという羽毛布団を日光に当てて干している写真

文字通り、老若男女を問わず、ここ八幡平では相撲が生活の1部になっているので大会も多い。

その気になれば、毎週末でも試合に出られたそうだ。

特に楽しみだったのは、夏になると開かれる神社の奉納相撲。

小中高生、一般の大人たちがこぞって参加するらしく、勝者が手にする懸賞金もお金に限らず、電気屋からは家電、酒屋からは一升瓶、布団屋からは布団一式が出たりとバラエティに富んだもの。

力自慢の者なら、勝ち抜き戦に出ることで、3人負かせば3000円。5人倒せばさらにもっと。

5000円の参加日当もつくし、差し入れやらなんだで、飲み食いもじゃんじゃん出来てしまう。

映像出典元:YouTube 八幡平市の公式サイト「hachimantaifan(八幡平FAN)

親たちの声援を背に「狙いは羽毛布団だあー」と奮闘したりと、子供たちにとって、大会に出るのは魅力的なバイトのようなものだったそうだ。

相撲をやっているときは、脇毛が生えない。空手の場合は股にも生えない。

やがて、ぐんぐん体が育ち力もつくと、頭角を現した大ちゃんは、高校のインターハイでベスト8に選出された。

団体戦のメンバーは、甲子園みたいに各地から青田刈りした選手の寄せ集めではなく、みんなが揃って八幡平。

同郷の仲間たちだけで挑んで、ここまで行けたことがうれしかったそうだ。

相撲一色の生活だったので、大学受験はスポーツ特待生枠を活かして上京。

剣道」でも進学先を選べたそうだが、ここはひとつ心を決めて、「相撲部」の看板を掲げた寮での生活をスタートした。

入学した拓殖大学は、学生相撲一部リーグのトップ校。

相撲部だけで120年ちょっとの歴史がある、歴代の優勝回数が2位の強豪だった。

ちなみに、去年の全日本選手権(社会人も学生も出場する大会)では、同大学の卒業生で現在コーチ業をしている人が、優勝をしたそうだ。

相撲には芸能の一面があって、「昔の人はこれで強くなっていたんだ」の押しつけが、未だしっかり残っているらしい。

すべてが監督の気分次第で進んでいく体制は、過酷を極め、こすれる脇の下に毛が生える暇もない世界だったという。

練習中は、雰囲気的に水も飲んじゃあダメ。

終わりの見えない時間の中で、力を出し切れば後がない。

それが毎日のことなもんだから、防衛本能が働いて、「できる」と称される人ほど周りへの余力の隠し方を身に着けていく。

そして下手をすると自身をも誤魔化せる、ある種のヤーな達人になっていくのだ。

退部の道を選べば、学費の免除は取り消され、経済的な負担が重くのしかかる。

「前に進めば虎と出会い、後ろに進めば熊と出会う」

これが、パワーハラスメントに出くわしたスポーツ特待生の抱えるジレンマだ。

強くなるための練習とはなにか

他の競技との決定的な違いが分かったことや、またある時、気絶をする寸前に、隙をついて飲み干したアミノサプリの500ccが、これまで食べた中で最高においしいものの記憶になったこと。

総じて辛い4年間だったが、その気づきは、大ちゃんの中で大きな収穫になったのだった。

相撲の良いところはなんだろう

大ちゃん
大ちゃん
相撲のいいところは、とにかくお金が掛からないところです。

廻し(まわし)は学校でもらえるし、必要でもバスタオル一枚くらい。

それでいて全日本クラスの人に教えてもらえる。

剣道はお金が掛かる。

竹刀ばっかり壊しているんじゃない、山で竹取ってこい」とよく言われてました。

相撲を取るうえでの難しさは

大ちゃん
大ちゃん
相撲はルールが曖昧過ぎて

たとえば張り手という技。これなんて、手の振り幅の大きさでオーケーだったり、ダメだったり。

基準がどこだかわからない。

足技なんかでも、腹部と胸は蹴っちゃいけないけれど、「なら他のところはいいのか?」となると「そんなの考えればわかるだろ!」と返ってくる。

他の格闘技に比べて、やっぱり独特

色んな面で「誰でもわかる基準がない」ことですね。

東大相撲部の良いところは

大ちゃん
大ちゃん
夕方、日が暮れてから集まって、みんな練習に集中している。

週に3回。文武両道でやる気がある。

自主練をしている者もいる。

今の彼らの実力は、5年連続で3部リーグの決勝までいく状態。

自分が関わることで、2部に定着できることを目標にしたい

横須賀の防衛大学相撲部がライバルで、大将戦にもつれ込み、ぎりぎり負けてしまう、あと一歩のところにいる。

「夏合宿がつらい。4日連続がとにかくきつい。」という声を聞くので、週3の練習の内容強度を上げていきたい。

今のままでは、「稽古のための稽古」の状態。

圧倒的に稽古不足。

でも雰囲気がとてもいい。監督や部長が来てもワイワイ楽しいのが一番。

勉強のできないことが、コンプレックスな部員もいて、四股名(しこな)が「二浪丸(にろうまる)」

自分で四股名をつけるのが、先ず、おもしろいし、2年の浪人後に合格をしたからという粘り強さもいい。

今年は留年もしそうだから、そうしたら「1留(一流)の2浪丸」。

勉強のできるできないなんて、東大生だっていうだけで十分だろうに。どんな世界にも上には上がいるもんだなあと。

二浪丸の目標は、学生選手権で個人戦の決勝トーナメント出場だ。1年生の彼には、まだあと3回チャンスがある。

東大相撲部の部長で教授の新田先生と知り合えたのも、たのしいです。

大ちゃん
大ちゃん
新田先生は相撲への造詣が深いだけでなく、廻し(まわし)を締めていた経験があって。

実力もたぶん歴代の東大相撲の中で1番なのではないかなと。

完全に相撲マニアですね。関連本も出している。

話しを上手く伝えられるから、練習中の難しい動きを言葉で説明できるんです。

今、学生たちに相撲を教える時、意識していることは

大ちゃん
大ちゃん
土俵や神棚のある所で、飲み食いしながら、たばこを吸っている監督やら指導者。

これは頂けない。少なくともちゃんと廻しをつけて、一緒に稽古をする

教え方は、相手によって向いたスタイルを提案している。

こだわりの強いのもいるが、否定はしない。たのしくやってもらいたい。

それと、毎回ひとつ技を教える。使っても使わなくても、知っていてもらうだけでも良いので。

例えば昨日伝えたのは外無双(そとむそう)。応用として、モンゴル相撲にもある技で。

ちゃんとした筋トレ、体作り」も取り入れていきたいです。

大相撲でも青森出身の力士は強い。

漁師は気性が荒いし、船に乗っているからか足腰が粘っこい。

モンゴル出身の力士も馬に乗っているから強い。

とにかく、一緒にやって楽しい気持ち。これが大事。

それを無くさないで、工夫をしながらしていきたいです。

かん
かん
話してくれてありがとう。

思えば、この5年くらいの間に、大ちゃんからは色々刺激を受けながら教わってきているなと。

体づくり、押忍の精神、恐怖の千葉合宿、時代錯誤のスポーツ指導

この辺りの話は、またあとで。

はじまったね
はじまったね
大ちゃんがコーチ役として通い始めた東大相撲部に、これからどんな変化が起きていくのか注目だね。

つづく2ページ目では、3ヶ月後の様子などを伝えるよ。

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です