まかれたところで咲きましょか
半径5メートルの雑談記
インタビュー

アバンギャルドな☆誠眼鏡店

銀座にある誠眼鏡店で試着・購入をしたお気に入りのイタリアンビンテージメガネ「CASANOVA(カサノバ)」の写真

「ピンポーン!」

それは、とある日の晴れた午後のこと。

ドアを開けるやいなや勢いよく飛び込んできたえみさんが、なにやら大切そうにカバンの中からころんとしたものを取りだした。

えみさん
えみさん
見て見て~ ジャジャーン!
メガネケースの中に入っているカサノバ(イタリアンヴィンテージメガネ)の写真これこれ、これなのー この前言っていたのは。ケースは別なのに入れ替えちゃってあるんだけれど。

 

かん
かん
う、なんだろう?

なんかえらい高揚をしていて…

えみさん
えみさん
ババーン!!

カサノバ」っていうの。この子は。

アートコレクターの間で貴重な存在。誠眼鏡店で手に入れたヴィンテージのメガネ「カサノバ」の写真カサノバは1980年代~90年代に脚光を浴びたイタリアのブランドで(現在は生産終了)、独創的なフレームはアートを愛するコレクターの間で貴重な存在になっている。

 

かん
かん
いいっ?!なあにこのメガネは?

どっから出てきたの?

えみさん
えみさん
ダダーン!!!(ネットフリックス風に)
誠眼鏡店で購入したカサノバ(イタリアンヴィンテージメガネ)をかけているえみさんの顔写真誠眼鏡店で購入したカサノバ(イタリアンヴィンテージメガネ)をかけているえみさんの顔写真” width=”499″ height=”400″ /> 一見奇抜な感じのする眼鏡。でもよくよく単体で見ていくと、ヴィンテージな雰囲気があってかわいらしさの中にノスタルジックな印象も。どこか外国の映画の中に出てきそう。 ちなみにカサノバの語源は、「女性遍歴」がすごかった18世紀イタリアの小説家の名前(Giovanni Giacomo Casanova)で、「女たらし」「漁色家(ぎょしょくか)」「浮気者」など女性の人数が多い男性の代名詞になっている。

 

かん
かん
変だよ変だよ?

えみさんなんでメガネかけてるの?

えみさん
えみさん
え~こんなに似合う人いないってほめられたのにー。

ふふふふふ。今日からこれをかけて歌いにいくんだあ~。

「♪メガネは顔の一部ーです」っと。

国民のおよそふたりにひとり?

その数、6000万人超ともいわれる全国のメガネ愛好家のみなさん。

仕事用、レジャー用にと毎日どんな眼鏡を、そしてお気に入りのメガネを何本くらいお持ちでしょうか?

今回は、2本目3本目に最適な…

というよりも

今までのメガネ(今までの自分の顔)にもう飽きてしまった!

よくあるタイプのものじゃあ物足りない!

という方にはきっとたまらない、逸品たちの揃った知る人ぞ知るお店。

そう、誠眼鏡店について。

このお店の一体なにがすごいのか。

誠眼鏡店ならではの良さを、先日、実際に銀座の店舗で試着・購入したばかりのえみさんの感想をもとに、お店の雰囲気店主の魅力、そしてかけ始めてからの思わぬ反響など交えつつお伝えしましょう。

誠眼鏡店(銀座店)の店頭に置かれているウェルカムボードの写真店頭ではメガネをかけた木彫りのロボットがお出迎え。

 

誠のポリシー メガネ買取・販売 誠”へようこそ!
「メガネ買取・販売 誠」はメガネだけを取り扱うメガネ買取・販売の専門店です。
alain mikli などusedのおしゃれなメガネを中心に、時を経るほどに愛着を覚える「創り手の想い」がつまった”質のよいメガネ”を買取,販売をしております。
コンディションのよい商品をしっかりと買い取り、しっかりとメンテナンス(修理、加工、洗浄)をし店舗へ並べます。
取扱ブランドも、古びない、創り手の想いがつまったものを厳選しています。
お客様に安心してお買い物を楽しんでいただくため、確かな品質の商品提供に尽力しています。
誠は、お客様が今はお使いになっていない”質のよいいいもの”を買取り、商品の品質チェック、メンテナンス、価格設定などのプロセスを経て、現在その商品を必要とされるお客様へ販売いたします。
売っていただくお客様にも、買っていただくお客様にも喜んでいただくための買取価格、販売価格を株式会社誠は大切にしています。
お客様に満足と感動を提供し、常にお客様の豊かな暮らしづくりを応援できるよう尽力してまいります。

 

遊び心のあるメガネ。

廃版のものやレアなもの。

このレポートが、どこでも手にはいるわけじゃないアバンギャルドな(独創的で革新的な)デザインのメガネを探している方のもとへと届き、選択の幅を広げるきっかけになるといいなあ。

 

質の良いこだわりのメガネを求めて

引き出しの中からずらっと現れた誠眼鏡店のメガネコレクションの写真全部で3000点余りのラインアップ。お店に行くと引き出しの中からずらりと現れる誠眼鏡店のコレクションメガネたち。

 

日本全国に星の数ほどありそうな眼鏡店。

そもそも、そうした中からどうして「誠眼鏡店」をえらぶ人がいるのか。

まずは、メガネが必要になったえみさんの場合を例にとりながらみていってみよう。

メガネの必要性が発生した。視力が0.7から0.3へ

かん
かん
えみさん、普段はかけていないよね。

なんで急にメガネをかけようと思ったの?

きっかけは?

えみさん
えみさん
車の運転を夜している時(母マリコのお抱え運転手)に、街の灯りがぼやけてみえたりするのが怖くって。

あんまり標識が見えていないからまずいよねーってなったの。

それとね、都内の地下鉄によく乗るんだけれど、駅の構内の乗り換え表示の文字がまったく見えなくて色で判断しているの。

たとえば赤は丸ノ内線、オレンジは銀座線という具合に。

かん
かん
おれ、目がいいからよくわかんないんだけれど。

そんなに急に視力が悪くなっちゃったの?

えみさん
えみさん
そう、最近スマホのやりすぎだね。

きっとそれが原因だと思う。

手元の文字は良く見えるんだけれど、離れたところのが見えづらくなっちゃった。

年齢的に老眼かと思ったら近視だった~。

近所の眼鏡屋の機械でちゃんと測ったら「0.3ないんじゃない?」って言われちゃった。

かん
かん
えみさんは、眼鏡はこれで何本目なの?
えみさん
えみさん
つくったのは3本目かな。

それまではお洒落メガネみたいなの。

サングラスとか度が薄く入っているタイプので。

まだね、そんなに視力が悪くなる前だったからね。

免許更新に通る0.7ぎりぎりくらいの時ね。

かん
かん
眼鏡でなくてコンタクトレンズをするのは嫌なの?
えみさん
えみさん
コンタクトは怖いの。

1回使ったことあるんだけれど、カラコン(カラーコンタクトレンズ)を。

かん
かん
コンタクトレンズはなにが怖いの?
えみさん
えみさん
んー瞳にさわれないから。

緊張して片目入れるのに1時間以上かかっちゃった。

眼球にさわりたくないもん。

 

かけるなら個性的な眼鏡がある「誠眼鏡店」と決めていた

かん
かん
そっか、目に触らなくちゃならないってのは嫌だなあ。
えみさん
えみさん
やっぱりね、手元の作業ができるようにかけ外しのできるところがいいの。メガネは。

メガネ屋ってものすごい多いんだよね。

チェーン店も多いし。格安のメガネ屋も増えたし。

だけどね、たいていどこのお店に行っても似たようなブランドしか置いていないんだ。

かん
かん
誠眼鏡店に見に行った時、たくさんある珍しいメガネの中から、このメガネ(カサノバ)にしようって思ったのはどうして?
えみさん
えみさん
一言でいえばひかれたんだよね。

ぜんぶで6本選んでもらったんだけれど、最初からカサノバが気になってしょうがなかったの。

カラフルでチョウチョウみたいなフォルムが可愛くて。

誠眼鏡店で選んだお気に入りのメガネ(カサノバ)を手に持って単体で撮った写真チョウチョ チョウチョ 菜の葉にとまれ
えみさん
えみさん
それでね、かけてみたら、わたし鼻が低いんだけれどずっこけないで珍しくしっくりきたの

お直しも調整もなく本当にぴったりと。

誠眼鏡店で手に入れたお気に入りのメガネ(カサノバ)が顔立ちにあっていること証明するために撮った横顔の写真菜の葉に飽いたら 小鼻にとまれ
えみさん
えみさん
実は最初からお店はね、「誠眼鏡店」で買うって決めていたんだ。
かん
かん
なんでここに決めていたの?
えみさん
えみさん
以前から誠眼鏡店のオーナー、星野誠(通称:まこっちゃん)を知ってたの。

とにかく個性的なメガネしか置いていない店なんだ」って聞いていて。

ここのメガネなら人とかぶらないと思ったの。

かん
かん
あ、わかった!

星野誠だから誠眼鏡店。それでタイトルのところにのマーク。

それを入れてって言っていたんだ。

えみさん
えみさん
ふふふ。ピピーンときたの。

つのだひろ(メリージェーンを歌う人)の星が浮かんだの。

くらべてみたね
くらべてみたね
どれだけぴったりきてるのか?

実際にかけた時の姿を写真で比較してみるよ。

その1:カサノバ(店内にはもう1本色ちがいのものがあるそうな)をかけた星野誠

銀座の誠眼鏡店内にて。カサノバ(イタリアンヴィンテージメガネ)をかけたオーナーの星野誠氏(通称:まこっちゃん)とカサノバを購入したえみさんの写真えみさん曰く。店主のまこっちゃんは、カールスモーキー石井(米米CLUBのボーカリスト)に雰囲気が似ている。

 

その2:えみさん単体でパシャリ。

カサノバ(ビンテージイタリアンメガネ)をかけたえみさんの写真まこっちゃんがね、「わっ、シンデレラメガネだ!」って言ってくれたんだー。

 

その3:わたしも。単体でパシャリ。

試しにカサノバ(イタリアンヴィンテージメガネ)を借りてかけてみた私の写真客観性は必要だな…うーむ。「変だよ」を撤回。このメガネはえみさんが1番似合っているなあ。

 

似合っていれば問題なし。約400ブランド常時2000本以上の取り揃えがあるお店

えみさん
えみさん
似合わないわけじゃないんだけれど、このメガネはかんちゃんがかけると用意された衣装を身に着けてる感じがする。

そう、ちょうど教育テレビのキャラクターみたいだね。わくわくさんとか。

かん
かん
似合うメガネなんてあるものなのかな?

自分じゃあよくわからないや。

えみさん
えみさん
まこっちゃんに会えばピンポイントですぐに似合うのを選んでくれるよ。

メガネって印象がガラッとかわるから面白い。

いいの見つけたね
いいの見つけたね
丁寧な対面販売を受けられることって大事だね。

全体の雰囲気をすくい取りながら、「メガネ愛」の高い目の肥えたオーナーが、コレクションの中からその人にしっくりくるものをチョイスしてくれるところがいいね。

下のリンク先のページでは、誠眼鏡店でこだわりのメガネに出会えたお客さんたちの様子がたくさん見られるよ。

誠眼鏡店でメガネを購入した人たちの顔写真がたくさん紹介されている公式ページからのキャプチャー画像
キャプチャー画像引用元:「誠眼鏡店」公式サイト「お客さま紹介ページ」

 

アバンギャルドなメガネ店。「誠眼鏡店」の雰囲気や価格帯。オーナー「星野誠」氏の壮大な夢について

アンティークショップを思わせる落ち着いた「誠眼鏡店」銀座店内の写真。レトロな感じの音楽が流れ観葉植物がいたるところに置かれている。アンティークショップを思わせる落ち着いた「誠眼鏡店」銀座店内の様子。レトロな感じの音楽が流れ観葉植物がいたるところに置かれている。

 

お店の雰囲気はどんな感じ?

かん
かん
実際に行った感じはどうだったの。
えみさん
えみさん
うん、お店にはお客さんけっこう来るんだよ。

これまで3回行ったことがあるんだけれど、とくに土曜日はね、流れるように人が入ってくるの。

ほんの1時間立ち話していただけなのに。

ウナギの寝床みたいな造りなの。

ジュエリー工房みたいだったな。

いくつかビデオ撮ってきたんだよ。ちょっと見てみてね。

入口から店内へ

まこっちゃんカメラ慣れしているねえ

かん
かん
自分のコレクションだった300本がお店のスタートに。

昔っから本当にメガネが好きだったんだ、まこっちゃんは。

好きなことをちゃんと仕事にできているのがすごいなあ。

お客の層は?

どんな人たちが探し求めてくるんだろう?

えみさん
えみさん
結構お洒落オヤジとかマダムとかね。

わりかし雰囲気のある人が来ていたなーっていう印象。

そういえばメガネ芸人てけっこう多いよね。

ユーチューバーだとHIKAKINとか。

それの草分け的な存在は所さん、所ジョージ

所さんなんて買いに来てそうなイメージかな。

ファッションへのこだわりがある人ほど満足感が得られるメガネ屋さんだと思うの。

かん
かん
お、所沢市出身の所さん。その名前には親近感がわくな。

卒業した高校が同じだったから。

お洒落かどうかの世界かあ。

眼鏡って相手にとっては顔を見るたび目に飛び込んでくるものだから、服よりも印象を左右するかもね。

こだわりのファッションといえばこの人。

いいものを見つけると、すぐ気絶する干場義雅氏(ファッション雑誌「LEON」や「OCEANS」をヒットさせ「ちょいワルオヤジ」ブームを起こした編集長)、彼だったらどんなのを選ぶかなあ…

さかのぼってみたね
さかのぼってみたね
古いものが好きな国民性。

ヴィンテージメガネもたくさん流通しているイギリス。

下のビデオを見ると、英国でメガネの発達した背景がよくわかるよ。

その人にあったメガネをつくるには、視力だけでなく鼻の幅、顔の幅も計測するんだね。


映像出典元:Youtube ユーモアは紳士の嗜み「FORZA STYLE(フォルツァ スタイル)」公式チャンネル【眼鏡フェチの干場も気絶】ヴィンテージアイウエアをフルオーダー! 贅沢な空間で2日間限定で行われた至極のイベントとは?

 

えみさん
えみさん
もしかしたら所さんも気絶男も、ふたりとも常連さんかもね。
かん
かん
気絶し過ぎでまだ知らなかったら、遊び心のあるメガネを探しに足を運んでもらえたらいいなあ。

なにか面白いことが始まりそう。

えみさん
えみさん
銀座は庭だと思うからふらっと立ち寄ってイタリー製も試して欲しいなあ。

 

予算はどのくらいあればいいの?誠眼鏡店が扱うメガネのプライスレンジ

かん
かん
ところで、メガネの値段っていうのがどんなもんなんだかさっぱりわからないや。

つくったことがないからなあ…

銀座って聞くとなんだか高そうなイメージがする。

えみさんが手にしたのはどのくらいだったの?

えみさん
えみさん
このカサノバは50900円。これは高い方。

1番いい方って言っていた。

他に見せてもらっていたものは2,3万円台が多かったかな。

まあもっとするのもあるんだろうけれど。

かん
かん
そっか、フレームは大体そのくらいなんだ。

レンズは?別料金になるのかな?

まん丸で変わった形だし加工とかに技術がいりそう。

えみさん
えみさん
レンズ込みでこの値段だったよ。

19000円くらいのもあった。最初それを薦められたんだけれど。

かん
かん
ふーん。ややこしそうなフレームなんかでも、どうにかなるもんなんだ。

さっきのリンク先の写真を見ていて不思議だったんだ。

角ばっているのとかビッと直線みたくなってるのとか、色んなのをかけている人がいたから。

えみさん
えみさん
お店では年代物のメガネの修理とか調整買取りもしているんだって。

わたしはアンティークとかヴィンテージとか古いものに惹かれるからたまらないけどね。

流行り廃りよりも、わかる人にいいものを使ってもらいたいんじゃないかな。

かん
かん
なんかそれってエアストリームに通じるものがあるなあ。
新車・中古車・売地・宿。エアストリームを感じられる情報長いなあー。今年の梅雨明けはどこいった? だれが呼んだか梅雨前線。どこかに行きたいなとは思うものの、このところ、どうもブロンプトン...
かん
かん
いわゆるひとつの没個性。

売れやすいメガネかどうかを基準にしたら、苦労はあるだろうね。

それでもこだわるところに、店主(まこっちゃん)の気概、メガネ愛を感じるな。

 

店主の「星野誠」氏はどんな方?

誠眼鏡店のオーナー星野誠さんの写真。銀座店でインタビュー中の1枚。
かん
かん
えみさんの持っているまこっちゃんのイメージ。

話していて感じる部分。人柄はどんな感じだろう?

えみさん
えみさん
まこっちゃんの決め台詞で、「このぐらいのデザインを選ばないと誠眼鏡じゃないんですっ!」っていうのがあってね。

このくらいいっちゃってください!」ていう感じがあるの。

かん
かん
おー。なんか面白いなあ。
えみさん
えみさん
それとね、なんで誠眼鏡で作ったかっていう話だけれど、まこっちゃんは「1メガネ屋のオーナーが宇宙に行っちゃおう」っていうんだから。

興味津々

なんか応援したくなるっていうか。

かん
かん
宇宙に!?
えみさん
えみさん
うん。宇宙に行こうとしているから。

過去にも「7大陸登頂」とかね。

かん
かん
いいっ、7大陸!?

エベレストとかキリマンジャロとかそういうの?

すごい生命力だな。アフリカでも南米でも世界中どこでもいっちゃうんだ。

えみさん
えみさん
うん。

メキシコでアイアンマン・トライアスロン(スイム3.8km バイク180kmラン42.195km)とか、モンゴルでマラソン(ゴビ砂漠250キロもしているんだよ。

で、その間ずっと日本を留守にしているから奥さんがひとりで子育てをその間はしているでしょ。

その奥さんがすごいのは、まこっちゃんの夢を応援しているっていうことね。

だからまこっちゃんは奥さんに頭が上がんないの。

すごく大事にしている。愛妻家ってわけ。

えみさん
えみさん
あとね、前から気になっていて今度会ったら絶対に聞こうと思っていたことがあって。

いつも着ている黒いベストはなんだろう?って思っていたの。

で、聞いたら「これ上下で16、7キロの重さがあるんです」だって。

宇宙にいく日のために、普段から重りを装着して生活をしているの。

かん
かん
いいっ?店での接客の時も?
えみさん
えみさん
うん。そうだよ。

いつでも着てる。

ぜひ、宇宙に行って欲しいと思っているの。

かん
かん
すごいなそれって!

ひたむきな準備、宇宙用のベストにぐっとくる!

離れている時間が多い、家族とのバランスをとることに真剣に向き合う姿勢にも。

決めた。目が悪くなったらおれも選んでもらいにいって、宇宙に飛んでいく燃料の足しにしてもらおう。

あーこの話、筋トレの格言集のところに加えたくなってきた。

「筋肉痛が現れた。気持ちいーって言えますか?」YES or NOと書いてあるイラスト
【言葉のサプリ】Not only テストステロン but also モチベーション「24時間」「パーソナル」「ボディーメイク」 「インナーマッスル」「ストレッチ」「ダイエット」 「3か月」「フィットネス」「...
えみさん
えみさん
ふふふ。ちゃーんと宇宙の話も聞いてきたよ。

こっちも見てみてね。

ベクトルが大事。星野誠宇宙を語る

えみさん
えみさん
あーどこに仕舞ったかなあ…

やりたい100のことリスト

まこっちゃんのリストがあるんだけどなあ。

んーこれなんか言っていたことに近いかも。

この記事を見てみて。

 

かん
かん
インド哲学科

ほんとだ、これならインド人もびっくりだ!

おれ、生まれてはじめて海外行ったのがインドだったんだれど、あれはひどかった。

もう二度といかん!と思ったもん。

えみさん
えみさん
インドは好き嫌いがはっきり分かれるみたいだからねえ。

とにかく行動力のスピードが半端じゃないね。

メガネ関連の本「破天荒フェニックス」

かん
かん
してみたいことがたっくさん。

彼はそれが次々にでてくる生粋のクリエイターなんだね。

「人生を10種競技みたいに」。「やってみよう」のスピード感が大ちゃんみたいだなあ。

いっこ思い出した。

メガネに関係する本で「破天荒フェニックス」っていう、一応小説の形をとったノンフィクションを読んだことがあったんだ。

オンディーズっていうメガネチェーン店を若者が買収して再生していく奮闘記だったんだけれど。

著者(田中修治さん)も動く力が突き抜けていた。

大ちゃんもメガネをいくつか使い分けているし、メガネ愛の強い者はもしかするとチャレンジ精神に長けているのかも。

えみさん
えみさん
わたしもその本読んだことあるけれど、波乱万丈で読みながらまこっちゃんとダブってた。

世界進出して香港で会社作ったり潰したり。

絶体絶命でも切り抜けちゃうような、とにかく打たれ強さと勢いがあるよねふたりとも。

破天荒フェニックスは、今度、お正月に3夜連続でテレ朝でドラマ化される(2020年1月3.4.5 よる11:15~)みたいよ。

かん
かん
ふーん。テレビは持ってないから見れないや。

ところでお店にはまこっちゃん以外にも店員さんはいるの?

えみさん
えみさん
うん。いたよ。

たぶん眼鏡技師の人なんだけれど「うわーこの子(カサノバ)がこんなに似合う人がいるなんてっ!」と大声で「わははっ」て喜んでくれていたもん。

星野誠さんについてもっと知りたい方へ(HP・個人ブログ・映像・書籍の紹介)

 

星野誠(HP内にブログあり:2016年11月23日~日々進行中)

 

LET’S GO EVEREST (旧ブログ:2014年4月~2018年7月)

 

下記の動画3本はYoutube「ちょっとエベレストへ行ってきます !! 素人から7大陸最高峰登頂までの全1105日」から


《世界最高峰》8000m14座 / 1 「エベレスト8,848m 登頂まで3日間のダイジェスト」7大陸最高峰 / Everest to The Summit 3days エベレストに行ってきます!

 


最新動画(2020/01/10) How to climb Mount Everest and get inspired to conquer Olympus on Mars through Space Travel

 


Next ! Will go to Mars Olympus ECサイト・Webサービス会社「アマゾン(参照元:Wikipedia Amazon.com, Inc.)」と航空宇宙企業「ブルー・オリジン(参照元:Wikipedia Blue Origin, LLC)」設立者のジェフ・ベソス (Jeff Bezos)さんに、火星オリンポス山(太陽系最高峰 21,900m)行きを宣言。

 

星野誠さんの著書2冊(Kindle版)と新刊発売決定情報

『素人からの挑戦: 宇宙に行くため 地球の最高峰へ!! 』銀河ヒッチハイカーズブックス

 

『誠式 海外突撃砲(法): エベレストを含む7大陸最高峰を制覇し、香港、インドネシアで会社を経営!』 銀河ヒッチハイカーズブックス

 

【次作】新刊発売決定!『たかがメガネで人生は決まる(仮)

 

おもしろくて読みやすいブログだなあ…

時間を忘れ、色々辿ってみているうちに、

うおっ!

ここ(2014年4月18日のブログ記事)に映っているこの自転車はっ!

これはまさに…

山よりも宇宙よりも鉄人レースよりも、あい、わたしはここに反応してしまうのです。

 

ぴったりなのはどんな人?誠眼鏡店でメガネを決めて良かったことや、その後に起こったうれしいこと

服を変えれば気分が変わる。眼鏡も変えれば人生も変わる。

今日はどんな姿でいこうかなあ。

服を着替えるように、メガネも好きな人は何本も持っているのだろう。

お気に入りのメガネをかけ始めてから気づいたこと

かん
かん
いいねえ。えみさんなんだか楽しそう。

ほんと気に入ったんだね。それが伝ってくる。

実際に外でカサノバをかけるようになってからは、他にどんな反応があっただろう?

周りの人から。

えみさん
えみさん
もう、なんだろう。

これ不思議なもので、すごいよ反響!

メガネをしているだけでこんなに話しかけられるなんて。

初対面の人からね「わーそのメガネ、おもしろい」って声かけられるくらいだよ。

かん
かん
かけると印象が確かにちがうねえ。
えみさん
えみさん
出会う人、出会う人にほめられてうれしくなっちゃう。

ブロンプトン(イギリスからやってきたお気に入りの折り畳み自転車)みたい!

ブロンプトンM6R
【英国産ハンドメイド】折りたたみ自転車のマスターピース。ブロンプトン(BROMPTON)が通勤、買い物、旅にぴったり【写真188枚】のんびりぶらぶら荷物も積んで。 とっても丈夫で実用的。 あーこの心地よさを誰かに伝えたい。 通勤に通学。買い物や旅行で...
かん
かん
じゃあカサノバをかけながらブロンプトンに乗っていたらもっとすごいことになっちゃうんじゃ…。
えみさん
えみさん
とにかくね、このメガネをかけ始めてから面白いほど人の反応がみれるの。

ほんとなんだよ、子どもなんてこう、口を開けたままこっち見てるんだよ。こう、あ~んて。

えみさん
えみさん
娘(大学1年生)は、生まれた時から身に着けているみたいだって。

ママは2次元顔だから。

マンガの世界に出てくるキャラ。

息子(中学1年生)は、ハハはアホさが増しただって。

かん
かん
おー。色々反応があるもんだなあ。
えみさん
えみさん
それとねメールが届いたの。

あるメガネ会社の開発チームの人がこのメガネに反応して「小さな子とか骨格的に鼻が高くない人がかけてもずれないようなメガネを作りたい」ってことで。

もう1度来てもらえないかって。ちょっとインタビューを受けたんだ。

かん
かん
へー。そんなことがあるもんなんだ。

それはどういうつながり?

えみさん
えみさん
たまたまね、今度ビルに描く壁画の打ち合わせで行ったら1社がメガネを作っている会社だったの。

まあ、もともとは15000円くらいかければメガネ作れるかなって思っていて、予定していた金額の3倍かけちゃったけれど、なんかもうほんとうに満足しているな。

 

誠眼鏡店のラインナップにぴったりなのはどんな人?

かん
かん
最後に、これを読んでくれている人に向けてなんだけれど。

まこっちゃんが宇宙に行くのを応援する部分(フレーフレー!)。

あとカサノバが気に入りすぎてしまった部分。

それをさっぴいておくとしてね、誠眼鏡店が取りそろえているメガネが合う人ってどんな人になるかな?

極力、公正な視点で伝えるとしたらどうだろう?

えみさん
えみさん
なんだろう。

限定はしなくてもいいと思うけれど。

尖っているデザインの眼鏡だから、プレーンな感じなものを好む人には需要がないかも。

かん
かん
じゃあ、一部の人にとってはとっても貴重な存在だっていうことね。
えみさん
えみさん
そうだね。顔にインパクトが欲しい人。

顔の印象が薄い人にはいいかもね。

  • 自分の時間を心地よく過ごしたい人
  • 自分の軸を持っている人
  • ちょっとユニークな人

 

こういう感覚のある人なら誠眼鏡店のメガネを試す価値あり。

メガネや宇宙談義をしているだけでも面白いよ。

誠眼鏡店で購入した大好きなメガネ。カサノバのイラストあなたもお気に入りのシンデレラメガネに出会えますように❣(珈琲画法で描いたカサノバちゃん。byえみ)

 

誠眼鏡店の場所と行き方(銀座店・新宿店)

 

えみさん
えみさん
わたしが行った時は東京メトロ銀座線の銀座駅で下車して、そこから5,6分かかったよ。

その人の持つ魅力を、誠意をもって、メガネを使って、より引き出すお手伝いをしてくれるのが誠眼鏡店。

銀座店にいってみよう

誠眼鏡店(銀座店)の入っている古い建物(奥野ビル)の写真誠眼鏡店(銀座店)はこの建物内にあります。

【所在地】
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル 102

誠眼鏡店(銀座店)が入っている建物内の写真
探したね
探したね
お店は古いビルの中に入っていて路面店じゃないから見つけづらいかも。

建物内に入ったらまっすぐに進んで突き当りのちいさな階段をとんとんと2,3段上がってね。

すぐ左側が誠眼鏡店(銀座店)の入口だよ。

【電話番号】
03-6228-6816

【営業時間】
11:00~12:00 /13:00~20:00

【定休日】
火曜

新宿店にいってみよう

【所在地】
東京都新宿区西新宿7-11-15 ミヤコビル1F

【電話番号】
03-6908-8428

【営業時間】
11:30 ~ 20:00

【定休日】
火曜

つぎのたね
つぎのたね
宇宙空間へのあこがれ。

行くと決めた熱い想いがあるまこっちゃん。

宇宙と言えば、北海道の町工場でロケットをつくっている植松電機の植松努さんも印象的。

ふたりに共通するのは純粋無垢なフロンティアスピリッツ。

「やってみよう」のこころには周りの人を魅了して巻き込んでいく力があるんだね。

「町工場からロケットが飛ぶ。北海道の植松電機の植松努さん」と書いてあるイラスト
「どうせ無理」につけるクスリ。純粋無垢に「やってみよう」の世界あーいい話だなあ… 聞いていると効いていく。 例えるならお腹がすいている時、ちょうどよく目の前に出されたアツアツの雪見うどん...
効いたね
効いたね
【今日のたね】挑戦をわすれない
花が咲いたら…?じゃんけんポン!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です