まかれたところで咲きましょか
半径5メートルの雑談記
プログレス

【英国産ハンドメイド】折りたたみ自転車のマスターピース。ブロンプトン(BROMPTON)が通勤、買い物、旅にぴったり【写真188枚】

ブロンプトンM6R

【特徴4】ブロンプトンは荷物をたくさん運べます。

かん
かん
よし、これで大体できた。わすれものなーし。

いいねえ。今日も間に合った。

えみさん
えみさん
バッグに荷物がいっぱい入っているよね。

これ、入っているモノを並べて撮ったらいいのに。

かん
かん
あ、そうか。それもいいな。

でも今はだめ。泊りの準備している時にそんな余裕はない。

えみさん
えみさん
え~
かん
かん
前は、自転車には軽さを求めていたのに。ブロンプトンに出会ってからは、考えが一変した感じだな。

重くなるの歓迎。必要なモノを、残さずに持って動けること。そっちの方が、遥かにうれしくなっている。

荷物運びもなんのその。週に2日は、ブロンプトンに目いっぱい、身の回りの生活用品を積み込んで、いつもの約束の地へと向かう。

そんなサイクルが出来上がっているのですが、これまで積み切れずに困ったことがないのです。

この日のバッグ内を、着いてから洗い出してみると、食べ物、飲み物、着替え、洗面用具、本、筋トレ道具(腹筋用のコロコロとチューブ、プロテイン、サプリメント類)、1週間分の洗濯物(シーツ、枕カバー、バスタオル、ハンドタオル、シャツ、ズボンなど、要は洗濯機を持っていないので、家で手洗いする下着以外のもの全部)が出てきました。

きっと前後を合わせると、20キロくらいだと思います。

旅先で食料、飲料の買い出しを済ませた後などは、パンパンを通り越して飛び出していることがあります。

でも大丈夫。がっちりと、バッグは直接フレーム部分に固定されるので、走行中、重さにハンドルをとられることがありません。

フロント部分についている、台形型のブロック(ブロンプトンキャリアブロック)が肝で、ふんばってくれるんです。

使い方は簡単です。ぐいーんとバッグを持ってきて

台形の上から差し込んでいけば

ガシン。ドッキング完了。

外すときもワンタッチ。キャリアブロックの下側についているレバーを引きながら、バッグを引き上げると

あっさり、はい、とれました。

重くなればなるほど、背負うより、荷物は自転車に運んでもらった方が楽です。

前にもバッグ、後ろにもバッグ。

それでも足りない場合には、トレーラーを取り付けて、引っ張ってしまう手もあります。

Bromptonと「Burley Travoy」Trailerで、ウクレレを届けに。
Bromptonと「Cyclone IV Chubby」Trailerで、お買い物。

ああ、こんなものを付けた日にはどうしよう。

数日ではなく、数ヵ月、いや、年単位の旅へ。

残念ながら、まだ前後のバッグで間に合ってしまっているのですが、そんな機会に出くわす想像にも、わくわくします。

つぎのたね
つぎのたね
使い勝手抜群!ブロンプトンの「バッグ」について。

次のページで実際に使っている5つを交えながら紹介するよ。

えみさん
えみさん
わたしのバッグものせてね~。6ページへGO!
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です